ラオG

ラオG
ドンキホーテファミリー「ディアマンテ軍」幹部。
幹部の中では最高齢の70歳。老う程に痛みを知り、切れ味が増す拳法「地翁拳(じおうけん)」の使い手。オモチャのキュロスや常人以上のパワーを持つトンタッタ族数人相手を圧倒する実力を持つ格闘家でもある。
耳が遠く老眼だが動体視力は優れており、トンタッタ族の超スピードにも難なく対応している。ディアマンテの指示でオモチャの家の護衛をするはずだったが、王宮へと続くリフトに乗り間違え、リフトに侵入したトンタッタ族、キュロスと交戦した。「鳥カゴ」発動後、王宮を目指すコロシアムの戦士たちを迎え撃ち、その一人首領チンジャオと交戦し持病に疼く彼を倒す。続いてサイと交戦したが、必要とされるなら命すら捨てるベビー5を「便利な女」と表現したことでサイの怒りを買い、覚醒したサイの「錐龍錐釘」を脳天に喰らい敗れた。

更新日:

Copyright© ワンピースの館・全知の樹 , 2019 All Rights Reserved.