スパンダム

スパンダム 幼少スパンダムスパンダム象剣ファンクフリード
世界政府付属機関である諜報機関、CP9の司令長官を務める男。同時に、政府の司法機関エニエス・ロビーのトップでもある。ただし、CP9の部下からの信頼度はほぼゼロといってよく、ロブ・ルッチからもバカと称されている。

22年前に麦わらの一味の1人ニコ・ロビンの故郷にバスターコールを発令し焼き払った当時のCP9司令長官スパンダインはスパンダムの実父である。スパンダイン同様小物で間抜けな面が目立ち、自身の出世のためなら卑怯な手段も厭わない小悪党。
本人の戦闘力は皆無であり、体技レベル道力はわずか9と一般兵(10道力)にすら劣るが、動物系「ゾウゾウの実」を食べさせた剣、「象剣ファンクフリード」を用いる為、総合的には一般兵よりはるかに強い。

エニエスロビー崩壊の原因を、他のメンバー全員に失態を押し付けた上で海軍の追っ手を差し向けるなど、父と共にルッチらの抹殺を企てようとしていた。
それ以降はまったく音沙汰のない状態が続いていたが、2年後編のドレスローザにてカク、ルッチ、スパンダムらしき人物が政府最強の諜報機関「CP‐0」の一員として登場しており、今後の再登場が期待されている。

投稿日:2016年3月6日 更新日:

Copyright© ワンピースの館・改 , 2018 AllRights Reserved.