ミョスガルド聖

10年前に逃げた奴隷を取り戻そうと魚人島にやって来た天竜人。
奴隷にしていた魚人をジンベエの王下七武海加盟により解放され、それを取り戻そうと魚人島に押しかけた。しかし、航海の途中で船が破損し、魚人島に辿り着いた時には船も自身もボロボロで、部下も壊滅状態だった。そのため、弱り果てていたところを積年の恨みがある魚人達に抹殺されそうになったのだが、人間との友好を臨むオトヒメ王妃により助けられ、難を逃れた。
助けられた後も、傲慢な態度は終始崩さなかったが、最終的にはオトヒメに説得され【魚人と人間の交友に賛同する】という一筆を書き、人間と魚人族との友好関係構築を一歩前進させることとなった。その為、登場している天竜人の中では比較的マシな存在と言える。

投稿日:2016年3月23日 更新日:

Copyright© ワンピースの館・改 , 2018 AllRights Reserved.