王下七武海

世界政府によって公認された7人の海賊たち。収穫の何割かを政府に納めることが義務づけられる代わりに、海賊および未開の地に対する海賊行為が特別に許されている。海軍本部、四皇と並び称される「偉大なる航路(グランドライン)」三大勢力の一角。

詳細を見る
メンバーの選定に際しては、他の海賊への抑止力となりうる「強さ」と「知名度」が重要視される。その顔ぶれには世界レベルの大海賊が名を連ね、一般の海賊からは恐れられている。七武海に加盟した海賊は、政府からの指名手配を取り下げられる。
また、配下の海賊にも恩赦が与えられる。七武海を脱退すると再度懸賞金が懸けられる。メンバーの勧誘には「伝書バット」による文書などが用いられる。

一方、海賊でありながら政府に与する立場であるため、「政府の狗」と揶揄されることもある。名目上は政府と協力関係にあるものの、実際には各メンバーは政府の監視の外で思うままに活動していることが多い。海軍からの召集があっても全員が揃うことは滅多になく、たとえ揃った所で力を合わせることはまず考えられない。これは政府・海軍側でも周知事項のようで、互いに信頼関係はなく、藤虎やスモーカーの様に制度そのものを危険視している者も政府内に少なからず存在する。ただし、頂上戦争のような緊急事態においても政府に非協力的な態度をとり続ける場合、政府側は協定決裂を理由に七武海の称号剥奪を行うことができる。

新王下七武海

エドワードウィーブルジュラキュール・ミホークバーソロミュー・くまimageバギートラファルガー・D・ワーテル・ロードフラミンゴ
2年後の「新世界編」では、新たにトラファルガー・ロー、バギー、エドワード・ウィーブル
が加入している。ドレスローザ編でドフラミンゴ、ローの称号が剥奪され、2人の欠員が出る。

旧王下七武海

ジュラキュール・ミホークボア・ハンコックくまジンベエドフラミンゴゲッコー・モリアクロコダイル ⇔ マーシャル・D・ティーチ
アラバスタ編でクロコダイルが称号を剥奪され、その後任としてマーシャル・D・ティーチが加入する。頂上戦争編ではジンベエ、ティーチが自ら脱退し、モリアが除名される。この結果、「超新星編」終了時点では、3人の欠員が生じていた。

投稿日:2016年3月8日 更新日:

Copyright© ワンピースの館・改 , 2018 AllRights Reserved.