ワダツミ

フライング海賊団船員。オオトラフグの魚人。
海坊主のような容姿で、巨人をもはるかに超える体躯を持つ。異名は「大入道」。外見とは裏腹に舌足らずで能天気な性格。フライング・ダッチマン号を引いている。
ゼオの口車に乗せられ、ギョンコルド広場で麦わらの一味と交戦。E・Sでパワーアップし、クラーケンのスルメを倒すが、サンジとジンベエに敗れた。魚人島には彼を入れる牢獄がなかったため、島から永久追放された。

扉絵連載『ジンベエの海侠一人旅』で再登場。海神に捧げられたお供え物を自分への捧げ物と勘違いして勝手に持ち出し、お礼として海底に沈んでいた遺跡を地上に引き上げた。しかし、これが原因で港町が遺跡に潰され、遺跡を住処としていた海獣たちが暴れる騒動を引き起こしてしまい、ジンベエから説教された。海獣達に謝罪し遺跡を再び海に戻した後、ジンベエに同行を申し入れ、共に町を出港した。

★メガ入道
息を吸い込んで大きく膨れ上がり、相手を威嚇する。しゃべっていると空気が抜けるため早口になる。

投稿日:2016年3月24日 更新日:

Copyright© ワンピースの館・改 , 2018 AllRights Reserved.